主婦が派遣で働く際の不安

通常、派遣社員とは契約期間の定められている社員のことで、バイトのような感覚で勤務するのとは異なります。子供のいる主婦であっても仕事に関しては正社員同様の責任感が求められ、時には残業や休日出勤を求められることがあります。
それだからこそ時給はバイトやパートに比べて高くなっており、仕事に関しても一定のスキルを求められるわけです。

但し、家族の都合などで欠勤する割合が高くなると、契約を更新出来ないか打ち切られるリスクがあります。
もし、正社員と同様の働き方が出来なければ、スキルの要らない職場が適しています。派遣会社によっては、軽作業の仕事を紹介しているので、休む可能性があれば他のバイトに近い仕事に変えてもらうことが出来るかもしれません。この場合は、時給的にはバイトやパートと殆ど変わらなくなりますが、会社に仕事がある限り契約が打ち切られる心配はないでしょう。

仕事にブランクがある主婦が再就職する際に不安になるのが、PCなどのスキルのことで、一年のブランクだとしても時代は大きく進んでいます。確かにITやクラウドの依存度が高い企業では、当然、操作技術に一定のレベルが求められます。但し、比較的に対応が柔軟な場合もあり、必ずしもPCスキルを求めてくるとは限りません。寧ろ人材確保を優先している会社も多く、仕事は入社してから覚えれば良いとしているところもあります。
現在は、派遣会社は全国的なネットワークを持っており、主婦が転職先を見つけやすくなっています。担当スタッフに自分のスキルのレベルを伝えてておけば、住んでる地域内で最適な会社を選んでくれるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です